HOME>特集>肌への有効成分を積極的に取り入れて健康な肌になろう

保湿を維持する重要な成分です

女性

最近、化粧品のCMなどでよく目にするセラミドとはどのようなものでしょうか。セラミドはもともと肌の角質層にある成分で、角質層の細胞の隙間を埋める細胞間脂質の1つです。細胞間脂質は肌に水分を留めて保湿し、外部の刺激から守る役目をしています。中でもセラミドは肌の保湿とバリア機能の維持のために重要なもので、肌にとってはおすすめの成分です。

不足した成分を補おう

冬の乾燥した時期はもちろん、真夏でもエアコンによる乾燥で肌状態が悪くなることは多いものです。このように肌荒れを起こしている肌は、セラミド不足によりバリア機能の働きが鈍ってしまっている状態です。肌が外部からの刺激から身を守ることが出来ずに無防備になってしまった状態ともいえるでしょう。年齢を重ねていくことや不規則な生活を続けることでもセラミドはどんどん減少していきます。そうなると、足りなくなったセラミドを自発的に補うことがとても重要になってきます。それには、やはりセラミド入りの化粧品を使うのが手軽でおすすめです。

成分内容と価格に注意しよう

セラミド化粧品を選ぶポイントをいくつかご紹介しましょう。まず、成分として最も保湿性に優れたヒト型セラミドを使用しているものがおすすめです。さらに、コラーゲンやヒアルロン酸など、他の有効成分を含んでいることもポイントです。これらの成分同士の相乗効果でより多くのうるおい効果が期待できるでしょう。継続しやすいことも大切なポイントになります。適正な価格で自分が続けられやすいものを選び、長く使い続けることで効果を持続させることができます。

広告募集中